スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

看護師の試練。

うちの病院は 抗がん剤治療も行ってます。
おうちから病院に通ってきて 抗がん剤を点滴して帰るといった感じで、入院ではなく外来治療を受けてる方が
結構いらっしゃるんです。

2年前私が入職したころ、もうすでに治療をしていたある男性の患者さんがいるんですが。
入職したての頃、この方はすごく荒れていて、少しでも 点滴の交換や検査結果なんかが遅れると
激怒してどなったりしてました。
この方は転移があって、もうOPEでは対応できなくて 抗がん剤の効果を期待しょうという状況で。
正直 余命半年から1年という段階。
本人に告知をして間がなかったころで 受け入れができずに とまどっていた時期だったと思います。

そしてたまに点滴したり バイタルとったり 世間話したりしながら なんと2年が過ぎました。

2週間ほど前ひさしぶりに 点滴を変えにいって(勤務の関係で全然あわなかったので)
「久々登場しましたあ~~~」というと
ニコニコして
「どこにいたんだよお~~」なんてふざけあってて。
きゃっきゃやってると急に
「こんど会うときは 最後に入院するときだから、今日会えてよかった、最近はものが全然食えない、
死神はこんなかたちでやってきたみたいだぞお」とニコニコしながら言うんですよ。

そして昨日、とうとう救急車でおうちから運ばれてきました。

すぐ救急室へかけつけると 意識はまだはっきりしてて
また笑いながら
「精一杯家でがんばったよ。限界になっちゃった。」といいました。
そして私の 振袖のような二の腕をプルプル触りながら 
「俺のうで こんなに細くなっちゃったから 少しもらいたいなあ」なんて
いいながら病棟へあがっていきました。

私はというと
「いくらでもこの肉持ってって!!」なんていうのが精一杯。変な笑顔になってなきゃいいがとおもいつつ。

この方は延命治療はのぞんでません。
病院ですることは 痛みや苦しみがあった場合麻薬の投与をするくらいでしょう。
あと何日ってレベルだと思います。

荒れていたころがうそのように穏やかでにこやかで。
すべてを受け入れるとこんな風になれるのかと・・・・

なんかわからないけど すごいです。

できるだけ病棟へ足を運べたらとおもってます。その瞬間まで。

この2年で何人かの患者さんとのお別れがありました。
身体の心配を一緒に考えたり、点滴したり ときには飴玉もらったり、はげまされちゃったりして
また来週!なんていってたのに「亡くなったよ」って報告受けて、残念でさびしくなって。




看護師という職業の最大の試練です・・・・・   ・・・・・・











スポンサーサイト

Tag:日常  Trackback:0 comment:6 

Comment

ろいたぁ URL|
#- 2010.07.01 Thu22:06
こんばんはっ。

正直、涙が溢れて来ました。
たぶん、早くに父と兄を亡くしてる自分なので、
人に死には敏感になってるだからかと思うのですが...(エヘッ)
 
勝手な言い方かもしれませんが、いつまでもその気持ちを忘れないで
看護師を務めて欲しいです。
人の死に慣れて欲しくないです。
 
頑張れ! ばいおれっとさん!
患者さんの太陽となれ!!!!!!!

 
peaceman URL|ことばがりません
#- 2010.07.02 Fri20:57
ばいおれっと様

人の命とは如何に儚く、儚いからこそ尊いのだと思います。
そういう現場の最前線にいる看護師とはただただ、過酷でもだからこそ尊いお仕事なのだと思うのみです。

どうか、笑顔で看取られますように

きゅーぴー URL|
#- 2010.07.02 Fri22:36
最期まで冗談言えるなんてすごいですねー。

4年前に母が抗がん剤治療したときには
毎回付き添ってました。

抗がん剤治療の部屋でベッドが15~6あるのですが
知らないヒトでも隣のベッドになると
いろいろ語りあって女性は泣いたりしていました。

人生とか自分とか見直しちゃうんでしょね。。。
そこに付き添う看護婦さんって偉大です。

いいお仕事ですね。
ばいおれっと URL|ろいたぁさんへ
#- 2010.07.04 Sun07:03
> こんばんはっ。
>
> 正直、涙が溢れて来ました。
> たぶん、早くに父と兄を亡くしてる自分なので、
> 人に死には敏感になってるだからかと思うのですが...(エヘッ)
>  
> 勝手な言い方かもしれませんが、いつまでもその気持ちを忘れないで
> 看護師を務めて欲しいです。
> 人の死に慣れて欲しくないです。
>  
> 頑張れ! ばいおれっとさん!
> 患者さんの太陽となれ!!!!!!!

> ろいたぁさんへ
がんばります。
家族は毎日フラフラになって看護や介護をしていることも
しっかり認識しなければいけないし。
私たちは 顔をみたらホッとした、といわれる存在でなければ
いけないと思ってます。
がんばる。
>  
ばいおれっと URL|peaceman さんへ
#- 2010.07.04 Sun07:09
> ばいおれっと様
>
> 人の命とは如何に儚く、儚いからこそ尊いのだと思います。
> そういう現場の最前線にいる看護師とはただただ、過酷でもだからこそ尊いお仕事なのだと思うのみです。
>
> どうか、笑顔で看取られますように


peaceman さんへ

患者さんや家族はもっと 過酷です。
そこに携わっても私なんかほんとに非力で・・・・・
数少ないかかわりの時間の中で何か 楽になったと思ってもらえることが
あったらいいのにと思います。

がんばります。

ばいおれっと URL|きゅーぴーさんへ
#- 2010.07.04 Sun07:17
> 最期まで冗談言えるなんてすごいですねー。
>
> 4年前に母が抗がん剤治療したときには
> 毎回付き添ってました。
>
> 抗がん剤治療の部屋でベッドが15~6あるのですが
> 知らないヒトでも隣のベッドになると
> いろいろ語りあって女性は泣いたりしていました。
>
> 人生とか自分とか見直しちゃうんでしょね。。。
> そこに付き添う看護婦さんって偉大です。
>
> いいお仕事ですね。

きゅーぴーさんへ

お母様も大変でしたね。

冗談を言っている患者さんも
家で眠る前やふとしたときに はらはらと涙がでたり
混乱するときも まだあるのかと思います。

人生見直しちゃうのかもしれませんねえ、ほんとに。
私の人生見直したらどうなっちゃうんだろう。

告知はつらいけど そんな風に人生を見直したり 疎遠だったひとに会ったり
する時間ができることは すごいことなのかも。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ばいおれっと

Author:ばいおれっと
30代後半で看護免許をとり、結構しんどいけど
なんとかNSしてます。
経験も体重もバリバリ上昇中です。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。